冷え切った『ICO』終焉。次は『IEO』の時代が来る!?

こんばんは。

マルコです。

2017年から2018年の春先まで、ICO関連の大きなニュースが次々に飛び込んできましたが、最近はほとんど聞かなくなりました。

親交のある投資家たちとの会話でも、ICOが話題になることはほとんどありません。

ICOマーケットが冷え切ってしまった原因は、みなさんご存知のとおり。詐欺まがいの案件が大半をしめて、運よく上場まで持って行けたとしても、上場後に価格は暴落。

最近では、比較的まともと思われていたアルトコインでさえ上場を廃止される動きも広まってきて、ICOは風前の灯火、過去の遺産となりつつあります。

しかし、ICOそのものの仕組みに大きな問題があったわけではありません。『プロジェクト実現のための資金調達』という本来の目的のための手段、資金調達のための仕組みとしては、非常に有効的で優れたものです。

ICOをきちんと利用しようとしていた人たちからすると、昨今の現状は許しがたいものがあるのでしょう。なんとか、この仕組みを存続させる方法はないものか。

そこで今、ICOに代わる新しい資金調達手段として、『IEO (Initial Exchange Offering)』に注目が集まっています。

そもそも、ICOの何が問題だったのかを整理すると、なぜいまIEOに注目が集まっているのかがわかってきます。

ICOにはいくつかの問題点がありました。

・審査がなく優良プロジェクトの見極めが困難

・規制がなかったため詐欺案件が横行した

・資金の持ち逃げが容易だった

・今後の規制が強すぎて

ICOのハードルが上がりすぎることが予測される

一方、IEOは、トークンの販売・配布を、プロジェクトの主催者が特定の取引所に委託して行う資金調達です。

たとえば、マルコ・プロジェクトがトークンを販売、配布しようとすると、従来のICOでは特に誰の審査を受けるわけでもなく、「はい、売りまーす」と手をあげれば、世界中からいくらでもお金を集めることができました。

また、集まったお金をどう使おうが、誰にもわからない仕組みになっていました。

こんなずさんな仕組みで、詐欺が起こらないわけがありません。

IEOでは、マルコ・プロジェクトがトークンを発行するのはICOと同じですが、自分たちで展開するのではなく、そのトークンの販売と配布を取引所にお願いします。

ここでは話をわかりやすくするために、「オークラ取引所」としておきましょう。

オークラ取引所は、マルコ・プロジェクトのトークンが、投資家に販売する価値があるものかどうか、怪しい詐欺ではないのか、持ち逃げのリスクはないのかなどを、自分たちで調査、審査、判断します。

その結果、扱う価値があるとなったら、マルコ・プロジェクトからトークンを受け取り、投資家に販売、配布していきます。

投資家がIEOに参加するためには、取引所に口座を開設してアカウントを取得する必要があります。

ICOでは、本当のことが書いてあるのか、ウソしか書いてないのか判断しがたいホワイトペーパーなど、少ない情報からしか信用性を判断できなかったものが、間に取引所を介することで詐欺案件に巻き込まれる危険性が格段に少なくなるのです。

将来的には、IEOを実施した取引所への上場も期待できます。これまでのICOでは、どこに上場されるのか、本当に上場されるのかヒヤヒヤものでしたが、そういったICO案件に比べると、上場の可能性もはるかに高くなると言えるでしょう。

また、取引所にとっても、優良なIEO案件を扱うメリットが多くあります。口座開設をしたたけで、取引してくれない幽霊ユーザーの掘り起こしにもなりますし、優れた話題性のあるIEO案件であれば、ユーザーの獲得にもつながるのです。

また、IEOでは取引所がプロジェクトの信頼性を、ある意味保証するようなものなので、プロジェクトを主宰する側にとっても、規制でがんじがらめになったICOより、はるかに少ない労力で資金調達できるというメリットがあります。

まとめると、IEOは取引所を介することで次のようなメリットがあります。

・取引所が調査、審査、判断するのでプロジェクトの信用性が高い

・IEOを実施した取引所への上場が期待できる

・プロジェクトを主宰する側にとっても少ない労力で資金調達できる

・取引所にとっても休眠ユーザーの活性化、新規ユーザー獲得の材料になる

以下は、私の独り言として読み流していただきたいのですが……

中国を筆頭に、世界的にICOそのものが禁止される流れもでてきています。とはいえ、経済の活性化につながる大きなお金の流れをなくしてしまうのは、国家にとっても得策とは言えません。

IEOは、ICOが抱えたさまざまな問題をクリアできる、優れた仕組みです。

ならば、すぐにIEOを規制、禁止するという動きは考えにくく、今後しばらくは、IEOにお金が集中する可能性もあるかもしれません。

IEOは私も注目していますので、今後も新しい情報が入り次第、みなさんにお届けするつもりです。